本多作左衛門重次の生誕地・岡崎市糟目犬頭神社と一筆啓上の石碑

岡崎市宮地町の糟目犬頭(かすめけんとう)神社は、徳川家康の家臣で岡崎三奉行のひとり、本多作左衛門重次の生誕地といわれている場所です。

本多重次といえば、一筆啓上火の用心で始まる日本一短い手紙でも有名ですね。そんな重次は徳川家康と同じ、現在の愛知県岡崎市の生まれなのです。

では生誕地はどうなっているのかレビューしてみます。

■糟目犬頭神社の場所の住所■

岡崎市宮地町馬場31

>>糟目犬頭神社の場所の地図

糟目犬頭神社建立の由来

この神社が建立されるキッカケになった由来は貞和二年(1346)のこと。上和田城主・宇都宮泰藤がこの神社周辺で鷹狩りをしていました。

大木のふもとで休憩中にうたた寝をしていると、木の上から大蛇が泰藤を飲み込もうと大きな口を開けていたのです。

その時、白犬が激しく吠えて泰藤を起こそうとしますが、泰藤は白犬に眠ろうとしていたところを邪魔されたと思い、白犬の首を刀で刎ねてしまいます。

すると白犬の首は大蛇に噛みつき、大蛇を噛み殺してしまいます。

自分を助けようとした白犬を殺してしまった泰藤は大いに後悔し、白犬の首をこの神社に埋葬したのでこの名前が付いたということです。

※ちなみにこの時、泰藤は白犬の首と共にしっぽまで刎ねてしまい、その尻尾は飛んでいき落ちた場所が下和田町の犬尾神社という伝承があります。

石碑の場所

本多作左衛門重次の生誕地の石碑の場所は、神社本殿の向かって右方向です。本多作左エ門重次誕生地之碑(原文ママ)と刻まれています。

重次の父・本多重正の居城(屋敷)は額田郡大平村(現在の岡崎市大平町)にありましたが、重次は母の実家である、三河国宮地の犬頭神社で享禄二年(1529)に生まれたといわれています。

白犬の墓

本多重次の石碑の隣りにある小さな祠は、泰藤を助けた白犬の首を埋めた場所といわれています。また一説によると白犬ではなく、新田義貞の首を埋めた塚とも。

一筆啓上の石碑の場所

糟目犬頭神社の近くにセットで巡りたいスポットがあります。それが六ツ美西部小学校前の六ツ美西部学区市民ホームにある、本多重次の一筆啓上の石碑です。

■六ツ美西部学区市民ホームの場所の住所■

岡崎市赤渋町道本23−1

>>六ツ美西部学区市民ホームの場所の地図

日本一短い手紙といわれるこの文は、天正三年(1575)年に起きた織田徳川連合軍と武田軍が戦った、長篠合戦の時、出陣していた本多重次が妻に宛てた手紙です。

相手に伝えたい要点だけ書かれている単純明快な文章で、現代の手紙の指導書などで、要点を分かりやすく、しかも気持ち(やさしさ)も伝わる文章の見本として紹介されています。

私の感想ですが、糟目犬頭神社から約1.5km、車での所要時間は約5分くらいなので、神社とこの石碑はセットで巡ると良いと思います。

【あなたも一緒に城巡りしませんか?】

愛知県の城跡や戦国史跡を巡る歴史好きのサークル・【愛知ウォーキング城巡り倶楽部】。活動は毎月第一土曜、もしくは日曜日。現地集合、現地解散で行われる見学会です。城好き、戦国好きの方が在籍しています。歴史に詳しいなどは関係なし!好きならそれでOKです。入会費や年会費などもないので、あなたも気軽に遊びに来てみませんか?

>>詳しくはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク