三河一向一揆の拠点のひとつだった岡崎市勝鬘寺(しょうまんじ)

岡崎市針崎町の勝鬘寺は戦国時代に本證寺上宮寺と並び三河三ヶ寺と呼ばれ、三河一向一揆の拠点のひとつになった寺です。

※勝鬘寺の読みは しょうまんじ

■勝鬘寺の場所の住所■

岡崎市針崎町朱印地3

>>勝鬘寺の場所の地図

戦国時代の勝鬘寺は碧海荘赤渋(現在の岡崎市赤渋町)にあって、三河一向一揆の時、一揆勢がこの場所に立て籠もったワケでは有りません。

再建は江戸時代なのですが、ここも徳川家康の三河時代ゆかりの寺という事でチェックしてみましょう!

まずは石碑から

本堂前の勝鬘寺の石碑を見てみると、永禄六年 三河一向一揆戦陣跡と刻まれています。場所はここではないのですけどね。

現在の勝鬘寺は少し高い場所にあります。

旧街道

現在の勝鬘寺の前の道・県道43号線(岡崎碧南線)は、土呂西尾道(とろにしおみち)という旧街道です。そのまま南へ行くと石川数正ゆかりの土呂城跡へ繋がります。

渡辺綱高戦死地

渡辺綱高(わたなべつなたか)とは、槍の名手で名高い渡辺守綱の父です。占部(現在の岡崎市国正町あたり)の出身で、三河一向一揆では息子・守綱と共に一揆方として勝鬘寺に籠もりましたが討死してしまいました。その高綱を顕彰する石碑と説明板です。

御朱印場所へのアクセス方法

勝鬘寺の御朱印を受ける時の説明をします。勝鬘寺にはパッと見、御朱印を受け付けている窓口が有りません。そこで隣の白鳩保育園への作画開くのでそこから中に入ります。

すると勝鬘寺の入り口があるので、ここから御朱印を受けたい旨を伝えると、御朱印を頂くことができます。

これが勝鬘寺の御朱印。ほぼスタンプだったのはここだけのハナシ…

私の感想

私の岡崎市勝鬘寺の感想ですが、ここも三河一向一揆ゆかりの寺院ということで、三河一向一揆に興味がある人にはオススメだと思います。

JR岡崎駅からも約1km、所要時間は約15分くらいで電車アクセスも便利なので、是非、チェックしてみて下さい。

愛知県の城跡や戦国史跡を訪れる社会人サークル・【愛知ウォーキング城巡り倶楽部】。活動は毎月第一土曜、もしくは日曜日。現地集合、現地解散で行われる見学会です。城好き、戦国好きの方が在籍していますが、歴史に詳しいなどは関係なし!好きならそれでOKです。入会費や年会費などもないので、あなたも気軽に遊びに来てみませんか?

>>詳しくはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク