なぜ赤い?清洲城、朝日遺跡のオススメランチ清須市信長ラーメン

愛知県清須(きよす)市は、初期の城として注目されている環濠集落・朝日遺跡や織田信長の居城だった清洲城跡があります。

ガッツリ史跡めぐり、城巡りした後は~気になるランチですね。

清須市にはいろんな飲食店がありますが、その中でもオススメなのが清須市西田中蓮池にある信長ラーメンです。

■信長ラーメンの場所の住所■

清須市西田中蓮池110番地

>>信長ラーメンの場所の地図

>>信長ラーメン公式サイト

なぜ信長ラーメンが清須市の城巡りや史跡めぐりの時にオススメなのか?これは私の感想ですがその理由が次の3つです。

(1)清洲城、朝日遺跡に近い

(2)メニューが個性的

(3)個人的には美味しいと思う

まず信長ラーメンは清洲城から車で8分、朝日遺跡から約3分という近さ。次にメニューですが、これは後述する赤いラーメンがオススメ。さらに開店は10時30分~なのですが、土日祝日は正午前にはウエイティング(待ち)ができるほどの人気店、つまり美味しいということですね。

では、実際に食べてみます!

信長ラーメンの店内はカウンターのみ。だから小さな子供連れの方は行きにくいと思います

そしてこれはテーブル調味料。酢、ごま、コショウ、辛いやつ(赤いの)、などがあります。

清須市を含む尾張地方では、喫茶店でコーヒーチケットがありますが、信長ラーメンにはラーメンチケットなるものがありました。

仕事中の方、特に営業職の方には紙エプロンもオススメ。

注文してから約5分ほどで出てきたナパーム丼。260円(税込)。信長ラーメンでいうナパームとは、チャーシューの切り出しのこと。さらに数量限定なのでオーダーする人が多いですね。

味は韓国のり?みたいなものが入っており、ざく切りのチャーシューがご飯の下に埋まっているのでそれをかき分けながら食します。

あとナパームは縦長の丼(小)で提供されます。横から見たナパーム丼の高さがこの画像です。

そして今回オーダーしたのが、信長ラーメンの名物とも言える人気ナンバーワンのラーメンです。1,100円(税込)

パット見、かなり辛そう~と思いがちですが、実際に食べてみると見た目ほどは辛くありません。それよりも唐辛子やニンニク、そして胡麻(ごま)の香りが強く、相性が良いです。

麺は中麺のちぢれ。スープによくカラみます。

チャーシューは食べごたえがあり、通常ですと2個入ってます。ここで注意したい日本語は、チャーシュー2枚ではなく、2個ということ。

信長ラーメンの赤いラーメンのチャーシューは個体なんです。でも柔らかく食べやすく、噛むと旨味がぎゅっと口の中に広がります。

もしそれでも刺激が足りない!という人は、テーブル調味料に辛さを増す赤いやつ(名前が分からない)が置いてあるので、追加で入れてみるのも良いですね。でも入れすぎ注意!

私の感想ですが、ここはもう10回以上来店していますが、しばらくすると食べたくなる不思議なラーメンだと思いました。

今回は少し辛い系の赤いラーメンを食べましたが、信長ラーメンには辛くないラーメンも数種類あるので、是非、チェックしてみてください。

愛知県の城跡や戦国史跡を訪れる社会人サークル・【愛知ウォーキング城巡り倶楽部】。活動は基本的に奇数月の第一土曜、もしくは日曜日。現地集合、現地解散で行われる見学会です。城好き、戦国好きの方が在籍していますが、歴史に詳しいなどは関係なし!好きならそれでOKです。入会費や年会費などもないので、あなたも気軽に遊びに来てみませんか?

>>詳しくはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク