清洲城信長ポークカレーは鬼ころしとかけてみそのコラボ!食べた感想

織田信長の居城だった愛知県清須市の清洲城には、いろんなお土産が販売されていますが、その中でも異彩を放つのが清洲城信長ポークカレー。お値段は1個400円。

清洲城と織田信長、まさに清須市のお土産といったカンジですが、インパクトはネーミングだけではありません。

どんなインパクト?

このポークカレーは、清須市の地場産品・ナカモ株式会社の【つけてみそかけてみそ】と清洲桜醸造株式会社の【清洲城信長鬼ころし】を隠し味に使用。

また清須市創業のカレーハウスCoCo壱番屋が監修したという、まさに清洲ブランドのポークカレーです。

原材料と調理法

原材料はこの通り。

栄養成分表示は1食あたりこの数値です。またアレルゲンは乳成分、小麦、ごま、大豆、鶏肉、豚肉、りんご。

あと注意したいのが、清洲城信長鬼ころしという日本酒を隠し味に使っているので、アルコールに敏感に反応する方も注意が必要ですね。

調理方法は普通のレトルトカレーと同じく、熱湯でも電子レンジでもOKです!

気になる味は?

そして調理してみた清洲城信長ポークカレー。1人前が200gあるので量は十分ですね。

スプーンですくってみると、小さな具材が取れました。例えば野菜がゴロゴロというわけではないのですが、逆に言うと野菜がニガテな方にはこの小さめの具材が良いですね。

私の食べてみた感想ですが、まず一口食べると隠し味の日本酒の風味がはっきりとわかります。これが隠し味に使われている清洲城信長鬼ころしですね。

あと味噌のコクというか風味はあまりインパクトありません。また辛さは中辛という表示ですが、日本酒の甘さが出ているのか、甘口以上、中辛未満というのが私の感想です。

どんな人にオススメのカレー?

私が思うにこの清洲城信長ポークカレーは、ネーミングと清洲ネタ満載ということで、清洲城の城巡りのお土産に良いと思いました。

まあ、お値段は1個あたり400円しますので、レトルトカレーでは高い方に入ります。

あと隠し味の鬼殺しという日本酒がよく分かる特徴があるので、日本酒好きの方が食べると、よく分かると思います。

清洲城や環濠集落の朝日遺跡を訪れた際には是非、チェックしてみてください。

【あなたも一緒に城巡りしませんか?】

愛知県の城跡や戦国史跡を巡る歴史好きのサークル・【愛知ウォーキング城巡り倶楽部】。活動は毎月第一土曜、もしくは日曜日。現地集合、現地解散で行われる見学会です。城好き、戦国好きの方が在籍しています。歴史に詳しいなどは関係なし!好きならそれでOKです。入会費や年会費などもないので、あなたも気軽に遊びに来てみませんか?

>>詳しくはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク