弥生時代の城攻めがよく分かる清須市・朝日遺跡のジオラマ

織田信長の居城だった清洲城がある愛知県清須市には、弥生時代の環濠集落(かんごうしゅうらく)を整備した朝日遺跡ミュージアムがあります。

この資料館の中に弥生時代の様子をよく分かるように表現したジオラマがあるんです。

その中に弥生時代の環濠集落を攻める側と、守る側の様子を解説したジオラマが特に興味深かったのでレビューしてみたいと思います。(ちなみに写真撮影可でした)

施設内では多重防御施設(たじゅう ぼうぎょしせつ)として解説してあります。ちなみに環濠集落は初期の城として研究されています。

つまりこの弥生時代の古代遺跡(環濠集落)は城跡なのですよ。

同じ環濠集落である、佐賀県の吉野ケ里遺跡が日本100名城に認定されているのはそのためです。

バトル開始!

それでは城攻め開始!今回はせめて側から守る側という流れで見ていきましょう。

まずは攻め側。攻める人達に向けて尖った杭が突き出ています。これを乱杭(らんぐい)といいます。そのまま突進したら串刺しになりますね。

守る人達の前にも木が立っています。これは逆茂木(さかもぎ)といって、葉を落とした木の枝をバリケード代わりに使っているのです。これも突進してきたら体中トゲだらけです。

ちなみにこれらの逆茂木と乱杭は、発掘調査で出てきたものです。

あと攻め手も守り側も盾を使っているのが意外でした。この盾も色付きの板が出土しており、それを表現したものです。そういえば甲冑みたいな体を防御するものは着てないな…

守り側の奥を見てみると、集落の前に堀と土塁があります。朝日遺跡ではこの堀も発掘調査に基づき再現してあります。

集落(本丸?)側では、守備兵たちの勝鬨(かちどき)みたいなシーンも。

そんな中、逃げ惑う女や子ども達もいました。

私の感想

私の感想ですが、城はやはり攻守の駆け引きが醍醐味なので、このジオラマは面白かったです。

またジオラマの解説にもあるのですけど、弥生時代って今までノンビリしたイメージでしたが、発掘調査で分かった事は戦乱の時代でもあったということ。

理由は主に米や領地の奪い合いですが、それってすでに室町時代などの戦国時代と変わらんです。そう考えてみると、弥生時代くらいから、人々の争いってあったんだな~と思います。

ともあれ、朝日遺跡の城攻めジオラマは、城好きの人は是非チェックしてみてください。

愛知県の城跡や戦国史跡を訪れる社会人サークル・【愛知ウォーキング城巡り倶楽部】。活動は基本的に奇数月の第一土曜、もしくは日曜日。現地集合、現地解散で行われる見学会です。城好き、戦国好きの方が在籍していますが、歴史に詳しいなどは関係なし!好きならそれでOKです。入会費や年会費などもないので、あなたも気軽に遊びに来てみませんか?

>>詳しくはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク