蒲郡市三河上ノ郷城跡のアクセス方法や駐車場そして感想

蒲郡市にあろ三河・上ノ郷(かみのごう)城跡は、戦国時代にこの地に勢力を持っていた鵜殿(うどの)氏の居城跡です。

永禄三年(1560)の桶狭間合戦後、松平元康(後の徳川家康)に攻め落とされました。現在は畑地になっているのですが、戦国時代の遺構を色濃く残しており、私的にもおすすめの城跡です。

>>上ノ郷城跡について | 蒲郡市公式ホームページ

駐車場は赤日子神社

車で上ノ郷城跡へアクセスする時、駐車場は近くにある赤日子(あかひこ)神社の西側駐車場が利用できます。

※赤日子神社の読みは(あかひこじんじゃ: akahikojinja)

ちなみに駐車場利用に関しては次の様な注意書きがあります。

ここは赤日子神社の駐車場です。神社の行事等の際には関係車両が最優先で使用します。城跡見学者の方は、ご利用をご遠慮いただく場合がありますので、ご了承ください。

■上ノ郷城跡駐車場の場所の住所■

蒲郡市神ノ郷町 壱町田10

>>上ノ郷城跡の駐車場の地図

駐車場の隅に上ノ郷城跡の案内看板があります。こうした看板は城巡りの際に重宝しますね。事前の情報収集。

見落としたくない看板下の案内パンフレット。観光パンフもそうですが、最近のパンフは質の高いものが多く、城巡り後にも保存資料として持っておけるくらい、クオリティが上がっています。

ちなみに上ノ郷城と同時期に存在した中世の城として豊田市の足助城、そして西尾市の東条城などがありました。これらの城公園化されており、巡りやすいので私もオススメです。

もうひとつ看板の特徴があります。それが縄張り図を使用した駐車場から上ノ郷城へのアクセス地図。

ちなみにこれは愛知県の城巡りバイブルのひとつ、愛知県中世城館跡調査報告Ⅲに記載されている縄張り図を使用してあります。作図者は石川浩治氏。

駐車場から城跡までの所要時間は徒歩5分くらいですね。途中にアクセス看板も建っています。

そして城跡

三河・上ノ郷城の現状は畑地です。まずみかん畑みたいなところから入りますが、実はここはすでに虎口(こぐち)。そして土塁の上に石碑もあります。

虎口を越えると広い削平地があります。本丸下の削平地なので二の丸といった感じでしょうか?畑になっている曲輪跡ですね。

そして本丸跡は広い削平地で建造物など何もありません。ブルーシートに覆われている場所は、かつて発掘調査が行われていました。

南を見ると市街地の向こうに三河湾が見えます。かつてはビルなどありませんでしたから、上ノ郷城から海もよく見えたのでしょうね。

私の感想ですが、上ノ郷城跡はこじんまりとした城ですが、土塁や虎口、曲輪などが残っているので見どころが多い城だと思いました。

また城跡自体の所要時間は約20分もあれば十分だと思うので、同じ蒲郡市内の竹谷城(たけのやじょう)や形原城などとセットにするとよいでしょう。

上ノ郷城の御城印

上ノ郷城の御城印(ごじょういん)は、蒲郡市博物館で販売しています。1枚300円です。

>>蒲郡市博物館の場所の地図

【あなたも一緒に城巡りしませんか?】

愛知県の城跡や戦国史跡を巡る歴史好きのサークル・【愛知ウォーキング城巡り倶楽部】。活動は毎月第一土曜、もしくは日曜日。現地集合、現地解散で行われる見学会です。城好き、戦国好きの方が在籍しています。歴史に詳しい、詳しくないなどは関係なし!好きならそれでOKです。入会費や年会費などもなく、参加する時だけ参加費を払うだけなので、あなたも気軽に遊びに来てみませんか?

>>詳しくはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク