鳩が徳川家康の命を助けた岡崎市山中八幡宮の鳩ヶ窟

岡崎市舞木町に鳩が徳川家康の命を助けた逸話が残っています。それが山中八幡宮の鳩ヶ窟(はとがくつ)です。

一体どんな話なのか?時代は桶狭間合戦後にさかのぼります。

鳩ヶ窟の場所はどこ?

まずは鳩ヶ窟(はとがくつ)の場所の住所から説明します。鳩ヶ窟がある場所は岡崎市舞木町にある山中八幡宮の中です。

名鉄本線・名電山中駅と藤川駅の中間くらいのところにあります。

ちなみにかつての東海道と現在の国道1号線沿いにあります。

■住所

岡崎市舞木町宮下8

>>山中八幡宮の場所の地図

どんな話?

永禄三年(1560)の桶狭間合戦後、松平元康(徳川家康)は岡崎城を拠点に三河統一を目指します。

しかしその直後、三河一向一揆が勃発。

元康(家康)は局地戦で敗走し、山中八幡宮の洞窟へ逃げ込みました。

一揆勢も山中八幡宮まで押し寄せ、境内を調べているうちに洞窟を見つけます。

そこで中を調べようとしていたその時、なんと洞窟の中から鳩が2羽飛び出してきたのです。

これを見た一揆勢の兵は『もし中に人がいるなら鳩がいるわけがない』といって、洞窟の中を調べずに立ち去って行きました。

その後、三河一向一揆を鎮圧した元康(家康)は、この時の事を忘れず、山中八幡宮を手厚く保護したのでした。

そして現場

家康の命を救った鳩ヶ窟は現在も山中八幡宮の中にあります。

境内の灯籠をよく見てみると、徳川家の家紋・三つ葉葵がありました。

本殿に向かう途中にある鳩ヶ窟の石碑。

これが鳩ヶ窟。今でも洞窟はありますが、中は神域ということで一般人の立ち入りは禁止されています。

私の感想ですが、手前から見る限りそんな大きな洞窟ではなく、しゃがんで入るくらいの大きさだと思いました。

またこの近くには山中城や東海道藤川宿跡があるので、城巡りファンや街道ウォーカーの方もセットで楽しめると思います。

愛知県の城跡や戦国史跡を訪れる社会人サークル・【愛知ウォーキング城巡り倶楽部】。活動は基本的に奇数月の第一土曜、もしくは日曜日。現地集合、現地解散で行われる見学会です。城好き、戦国好きの方が在籍していますが、歴史に詳しいなどは関係なし!好きならそれでOKです。入会費や年会費などもないので、あなたも気軽に遊びに来てみませんか?

>>詳しくはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク