あま市七宝町瑞円寺は前田利家正室・おまつ生誕地と星野仙一監督の墓がある

あま市七宝町の瑞円寺(ずいえんじ)は、加賀百万石の礎を築いた前田利家の正室・おまつ生誕地と中日ドラゴンズ、阪神タイガース、東北楽天ゴールデンイーグルスで監督を務めた、星野仙一監督の墓が残る寺です。

有名な戦国女性生誕地と現在の有名人最後の地が同じ、あま市七宝町の瑞円寺とは、不思議な感じがしますよね。

■瑞円寺の場所の住所■

あま市七宝町沖之島北屋敷7

>>瑞円寺の場所の住所

お松の方生誕地の話

瑞円寺の入り口に前田利家の正室・お松の方の説明板があります。その前にお松の方をあまり知らない人のために、ざっくり彼女を説明します。

●おまつの方はこの地の豪族・林氏日開常信の息女として天文十六年(1547)に誕生。

●生後まもなく父が没したため、4歳で荒子城主・前田利昌(利春)の養女になる。

●永禄元年(1558)、前田利家に嫁ぎ二男九女をもうける。

●利家と佐々成政が戦った末森城合戦では利家を叱咤した逸話が残る。

●慶長四年(1599)利家が亡くなると剃髪し芳春院(ほうしゅんいん)と名乗る。

●慶長五年(1600)利長謀反の噂が流れ、徳川家康が加賀征伐を企画すると自ら徳川家人質として江戸へ下り、前田家安泰を図る。

●慶長十九年(1614)に長男・利長が死去すると金沢へ帰国。

●元和三年(1617)に金沢城内で死去、享年71。

前田利家とおまつの方に関しては、2002年にNHK大河ドラマ・利家とまつで一躍有名になりました。

でもその正室・まつの出身地までは詳しく説明がなく、その後、あま市七宝町の地元の方々によって顕彰が進んだのです。

看板には古地図を元に、おまつの方の父と考えられている、林氏日開常信の屋敷が記載されています。この場所が現在の瑞円寺の境内です。

瑞円寺本堂前にある、芳春院おまつの里ののぼりと生誕地の碑。

星野仙一監督の墓

戦国時代は関係ないですが、瑞円寺の墓地には中日ドラゴンズ、阪神タイガース、東北楽天ゴールデンイーグルスで監督を務めた、星野仙一監督の墓があります。

愛知県では超が付くほど有名人で、私もテレビやネットニュースで訃報は知ってましたが、墓が戦国女性で有名な、前田利家正室のお松の方の生誕地と同じ場所とは知りませんでした。

星野氏は個人的にも尊敬してた方なので迷わず参拝。たくさんの夢を有難うございました!ということで、いつまでも語り継がれてほしいです。

戦国ファンの方で星野仙一氏も好きな方は、参拝をお忘れなく。

愛知県の城跡や戦国史跡を訪れる社会人サークル・【愛知ウォーキング城巡り倶楽部】。活動は毎月第一土曜、もしくは日曜日。現地集合、現地解散で行われる見学会です。城好き、戦国好きの方が在籍していますが、歴史に詳しいなどは関係なし!好きならそれでOKです。入会費や年会費などもないので、あなたも気軽に遊びに来てみませんか?

>>詳しくはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク