犬山市に2つ残る100名城の犬山城の移築門!それが常満寺と瑞泉寺

日本100名城で国宝天守の犬山城。実は同じ犬山市に城門が2ヶ所移築されているのをご存知ですか?

これら犬山城の移築門は、犬山城巡りとセットにできるので、犬山城天守と合わせてチェックしてみてください。

ではその移築門の場所というのが…常満寺と瑞泉寺の2つの寺院です。

常満寺

常満寺(じょうまんじ)は、かつての犬山城の城下町にありますが、メインの通りから1本ズレたところにあるので、見落としやすいです。しかし城下町歩きの時に行くことができます。

■常満寺の場所の住所■

犬山市犬山西古券281

>>常満寺の場所の住所

門のすぐ近くにある石碑を見てみると、この常満寺の門が、かつての犬山城松の丸裏門であることがわかります。

屋根の瓦を見てみると…桃?!じつはこの桃、犬山城の瓦にもあり魔除けの桃といわれています。

桃は古来より魔除けの果実として崇められており、日本神話や古事記の中でも、イザナギノミコトが魔物を追い払う時に桃が登場します。

また後の話ですが、桃は意富加牟豆美命(おおかむづみのみこと)という名前の神様になったといわれています。ちなみに昔話の桃太郎の鬼退治もこれに由来するんですね。

また文化庁の登録有形文化財でもあります。

瑞泉寺

もうひとつの移築門は犬山遊園駅に近い瑞泉寺(ずいせんじ)。ここの山門が犬山城内田御門を移築したものです。

■瑞泉寺の場所の住所■

犬山市犬山瑞泉寺4

>>瑞泉寺の場所の地図

門をよく見てみると、修復されている新しい箇所もありますが、そのほとんどは古びた部分です。つまり当時のものの可能性が高いですね。

また瑞泉寺から犬山城を見ると、犬山城の側面みたいなアングルで天守の写真を撮る事ができます。

私の感想ですが、犬山城を巡る時、これら2つの門をセットにすると城巡りの満足度も高くなると思いました。

またこの2つの門は、かつて私が主催する、愛知ウォーキング城巡りクラブでも歩いたので、無理なく歩くことができると思います。

愛知県の城跡や戦国史跡を訪れる社会人サークル・【愛知ウォーキング城巡り倶楽部】。活動は基本的に奇数月の第一土曜、もしくは日曜日。現地集合、現地解散で行われる見学会です。城好き、戦国好きの方が在籍していますが、歴史に詳しいなどは関係なし!好きならそれでOKです。入会費や年会費などもないので、あなたも気軽に遊びに来てみませんか?

>>詳しくはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク