電車で岡崎城に行く時にチェックしたい名鉄東岡崎駅前にある徳川家康の手形

 電車を使って岡崎城へアクセスする時、名鉄東岡崎駅に着いたらチェックしておきたいものがあります。それが徳川家康の手形です。

 どうしてここに徳川家康の手形があるのかわかりませんが、1984年に建立された石碑に手形が押してあります。

 徳川家康の手相には、マスカケ線という特徴があります。これは一般的に知能線と感情線が1本の線になっている相のことです。

 この相を持つ人は、【百握り】、【天下取りの相】とか言いますが、マスカケ相の持ち主は、天下国家を支配するほどの天運・強運の持ち主が多く、現代でも、あらゆる分野のトップの方たちに見られる相といわれています。

 現在でいえば、例えば明石家さんま、イチロー、桑田佳祐、アントニオ猪木など。各界のトップの方々が、ますかけの手相なんですよね。

 ちなみにこの手形が久能山東照宮の手形の写しなら、家康の年齢は38歳、身長約155cm、体重約60kgという事が分かっています。

 場所は名鉄東岡崎駅の北西側。商店街の近くです。

 電車で岡崎城へ行く場合、名鉄東岡崎駅が最寄りの電車駅になりますが、ここから岡崎城は徒歩約15~20分くらいです。

 岡崎城へ行く前に家康の手形をチェックしてから、テンション上げて岡崎城へ向かうというのもありですね。

 ちなみに東岡崎駅近くにある、徳川家康の産土神として祭られた六所神社にも、同じく家康の手形の石碑があります。

愛知県の城跡や戦国史跡を訪れる社会人サークル・【愛知ウォーキング城巡り倶楽部】。活動は基本的に奇数月の第一土曜、もしくは日曜日。現地集合、現地解散で行われる見学会です。城好き、戦国好きの方が在籍していますが、歴史に詳しいなどは関係なし!好きならそれでOKです。入会費や年会費などもないので、あなたも気軽に遊びに来てみませんか?

>>詳しくはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク