長久手合戦で堀久太郎秀政が陣を置いた長久手市桧ヶ根本陣地跡

長久手市の桧ヶ根(ひのきがね)公園は、天正十二年(1584)の長久手合戦の時、堀久太郎秀政が本陣を置いた場所です。

■桧ヶ根公園の場所の住所■

長久手市坊の後113

>>桧ヶ根公園の地図

なぜここに?

岡崎城へ向かう途中だった羽柴軍の別動隊。途中の岩崎城を落とした後、休憩していたのですが、その時に徳川家康の奇襲を受け大将だった三好秀次(羽柴秀次、後の豊臣秀次)本体が壊滅。

  • 第一隊・池田恒興
  • 第二隊・森長可
  • 第三隊・堀秀政

三将は体制を整えて長久手(現在の長久手市)に布陣します。

羽柴軍の大将・三好秀次軍を白山林で壊滅させた徳川軍の大須賀康高・榊原康政軍は、勢いに乗り堀秀政軍を攻撃しますが…

堀秀政は【名人・久太郎】といわれるほどの戦上手。大須賀康高・榊原康政軍を返り討ちにします。

しかし徳川家康が色金山に布陣し、金扇の馬印が立てられた時、堀秀政は家康が到着しては形勢不利と思い、池田恒興と森長可の援軍要請を断ってすぐさま退却しています。

結果、羽柴軍の池田恒興と森長可は討死。

長久手合戦は徳川軍の勝利で終わりました。

陣跡へのアクセス方法

そんな堀秀政が陣を置いた桧ヶ根本陣跡は、長久手市の看板と石碑が建っています。

陣跡の行き方ですが、陣跡は桧ヶ根公園にあります。桧ヶ根公園は長久手市図書館の隣なので、カーナビで行く時もロードマップで行く時も長久手図書館を目指して行けば、その隣にある桧ヶ根公園が堀秀政の陣跡です。

石碑にハッキリと刻まれた堀久太郎秀政本陣地の文字。周辺は開発が進んで住宅地なのですが、かつてここに堀秀政が陣を置いたのであろうという石碑です。

また石碑だけ見て満足せずに近くの歩道橋に上がってみましょう。するとこの桧ヶ根公園が高台にあり、周辺を見渡すことができる場所という事が分かります。

合戦時には、高い場所に陣を置くと2つのメリットがあります。

ひとつは周辺を見渡すことができるという事。

ふたつ目は敵が攻めてきた時、敵より高い場所にいるので防戦しやすいという事です。

また高台は井戸などの水の手が無い場合もあるのですが、水を確保できるなら持久戦に持ち込むことも可能ですね。

長久手市は平成になり急速に開発が進んで、元の地形がよく分からない場所もあるのですが、高低差などあまり変わっていない場所も多いと思います。

この高台から、長久手合戦時の様子を想像してみるのも良いですね。

愛知県の城跡や戦国史跡を訪れる社会人サークル・【愛知ウォーキング城巡り倶楽部】。活動は基本的に奇数月の第一土曜、もしくは日曜日。現地集合、現地解散で行われる見学会です。城好き、戦国好きの方が在籍していますが、歴史に詳しいなどは関係なし!好きならそれでOKです。入会費や年会費などもないので、あなたも気軽に遊びに来てみませんか?

>>詳しくはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク