本多忠勝の初陣を飾った大高城兵糧入れとは | 名古屋市緑区大高城

名古屋市緑区の大高(おおだか)城は、桶狭間合戦の発端となった城で、本多忠勝が初陣を飾った城といわれています。

【大高城の住所】

名古屋市緑区大高町字城山

大高城の地図

大高城はかつての尾張国と三河国の国境近くにあった城で、桶狭間合戦の時には今川方の城でした。

織田軍は鷲津砦と丸根砦を築いて、大高城の補給を遮断しますが、この大高城を救おうと今川義元が尾張にやってきたのが桶狭間合戦の発端になる訳です。

なので大高城は桶狭間合戦を語る上で、欠かせない城ともいえますね。

ちなみに兵糧攻めされていた大高城に兵糧を運びこんだのは、松平元康(後の徳川家康)で、この大高城兵糧入れが本多忠勝の初陣ともいわれています。

現在では鷲津砦、そして丸根砦と共に国指定史跡になっています。

本丸

大高城の見どころをピンポイントでします。

まずは本丸。城の中心部ですね。大高城は江戸時代に尾張藩の家老・志水氏が屋敷を構え、明治までずっと屋敷がおいてあったので、保存状態も良好なのです。

本丸は削平地が広がっていますが、一部が高くなっており、八幡社が祭ってあります。

二の丸・三の丸

二の丸、三の丸とも現在では削平地、つまり平な土地が広がっていますが、かつてはここに兵糧庫や武具などの蔵みたいなものもあったのでしょうね。

今では何もないですが、そこは想像力でカバーしますw

土塁と堀

そして大高城のメインの見どころともいえる土塁と堀です。まずは土塁ですが、二の丸の下に大きな土塁があります。

案内看板に書いてある外堀土塁というのがこれで、現在では安全上の理由でだいぶ削られてしまいましたが、それでもハッキリと分かるくらいに残っています。

ところでここで忘れてはイケナイのがセットである堀。

城の鑑賞のポイントのひとつに土塁と堀のセットというものがあります。

土塁と堀は基本的なセットで、なぜかというと、まず堀を掘って生じた土で土塁を築くからです。こうする事によって、堀という溝(ある意味谷)と、土塁という壁ができあがり、敵兵の侵入を拒む事ができます。

つまり掘りあるところに土塁あり、土塁あるところに堀ありというのが基本です。

近年の整備された城など、いろんな事情で堀が埋められたり、土塁が削られたりする場合もありますが、人工的な場合、この堀と土塁のセットを意識して観てみましょう。

ということで大高城に土塁があるので、堀はこちら!

繁みの中にある堀。本丸と二の丸をつなぐ土橋の下にあります。

大高城が廃城になって400年以上経つので、堀もかなり埋まってしまったのでしょうが、それでもこれだけハッキリ残っているのはスゴイですね。

私の感想

大高城は名古屋市の街中にありながら、これだけの遺構が残っているという事で、お城ファンはもちろん、戦国時代に興味がある人や、徳川家または本多忠勝が好きな人は、是非チェックしておきたい城のひとつというのが私の感想です。

国指定史跡になっているので、これ以上の開発はないものの、愛知の城を巡る時、必ず訪れておきたい城のひとつだとも思います。

JR大高駅からも徒歩10~15分と近いので、電車で訪れるのも良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする