大府市の平景清ゆかりの地を地図で解説!屋敷跡と菩提寺常福寺、墓所の生目神社

大府市吉田町と半月町には平安時代末期~鎌倉時代初期に活躍した武士・平景清(たいらのかげきよ)ゆかりの地があります。それが屋敷跡といわれる景清神社、菩提寺の常福寺、そして墓所の生目八幡宮(生目神社)です。

※生目八幡宮の読みは いきめはちまんぐう

平景清といえば、所有していた名刀・あざ丸が目に災いをもたらす逸話が残り、信長公記にも丹羽長秀とあざ丸のエピソードが記載されています。その平景清ゆかりの地が大府市にあるのです。

ではそれぞれの史跡をチェックしてみましょう!

景清神社(屋敷跡)

まずは平景清が住んだといわれる屋敷跡です。それが大府市吉田町の景清神社。

大府市に伝わる話では、元暦二年(1185)の壇の浦の戦いで敗れた平景清は、尾張国まで逃げ延びました。

地元の名主・浅田八太夫は景清を保護し、名水が湧く芦沢の井の場所に屋敷を建て住まわせたそうです。それが現在の大府市吉田町の景清神社です。

■景清神社の場所の住所■

大府市吉田町1丁目246

>>景清神社の場所の地図

入り口には平家をイメージしてか赤い鳥居があり、横に景清公之旧跡 芦沢の井という石碑があります。

景清神社の看板。これを見ると景清は藤原秀郷(ふじわらのひでさと)の子孫で藤原景清が元の名前だった様です。平家側で活躍したので平姓で呼ばれたのですね。

また悪七兵衛の【悪】は悪い人という意味ではなく、強者(つわもの)という意味もチェック!

景清神社の境内はそんなに広くなく、奥に芦沢の井がありました。

これが芦沢の井。今ではポンプ式で井戸水を汲み上げることができるみたいです。

常福寺(菩提寺)

次は大府市半月(はんつき)町にある常福寺。ここは平景清の菩提寺です。景清神社から約350m、徒歩での所要時間は約5分ほどの近い場所ですが、町名は半月町です。

ちなみに大府市半月町の地名の由来ですが、平景清が千手観音を半月(約15日)ほどで彫ったことからこの地名が付きました。またその千手観音は常福寺の本尊でもあります。

■常福寺の場所の住所■

大府市半月町3丁目151

>>常福寺の場所の地図

知多四国霊場の六番札所でもある常福寺。 常福寺は建久年間(1190~99)に平景清が開創したといわれ、当初は現在みたいな立派な寺ではなく、自分が彫った千手観世音菩薩を安置した草庵でした。

境内には平景清の事を説明した石版がありますし、御朱印も受ける事ができます。

生目八幡宮(墓所)

常福寺から南に約200mのところにある生目八幡宮(生目神社)は、平景清の墓といわれています。

※生目八幡宮の読みは いきめはちまんぐう

■生目八幡宮の場所の住所■

大府市半月町3丁目171

>>生目八幡宮の場所の地図

近くまで行くと高いところにあるのがわかります。まるで古墳みたいです。

そのまま登ると祠があり、この裏が墓地みたいです。

所要時間と私の感想

今回紹介した景清神社(景清屋敷)、常福寺、生目八幡宮(生目神社)は、徒歩で歩いて周っても約30分ほどで完結できます。

私の感想ですが、愛知県って戦国史跡が有名ですが、源平時代(平安末期~鎌倉初期)の史跡もチラホラあるので、この時代が好きな人も楽しめると思いました。

【あなたも一緒に城巡りしませんか?】

愛知県の城跡や戦国史跡を巡る歴史好きのサークル・【愛知ウォーキング城巡り倶楽部】。活動は毎月第一土曜、もしくは日曜日。現地集合、現地解散で行われる見学会です。城好き、戦国好きの方が在籍しています。歴史に詳しいなどは関係なし!好きならそれでOKです。入会費や年会費などもないので、あなたも気軽に遊びに来てみませんか?

>>詳しくはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク