刈谷市刈谷道広場は東海道と刈谷城を結んだ街道がよく分かる公園です

刈谷市東陽町3丁目にある刈谷道広場は、江戸時代の東海道と刈谷城を結んだ旧街道・刈谷道(かりやみち)をそれなりにわかりやすく説明した公園です。

■刈谷道広場の場所の住所■

刈谷市東陽町3丁目20

>>刈谷道広場の場所の地図

私は城の専門家ですが、城を調べる時、周辺の街道も調べます。なぜかというと、城といものは必ずしも何かの街道を押さえているからです。

刈谷城もいくつかの街道の拠点になっていた城ですが、そのひとつが刈谷道。では刈谷道の詳細を見てみましょう!

これが刈谷道

刈谷道とは、東海道池鯉鮒宿(知立宿)から分岐して、刈谷城へ向かう街道。

この道が敷かれた理由を考えると、まず東海道で運ばれている物資を刈谷城にダイレクトに届ける事ができるというのがありますね。

また有事の際、刈谷城から軍勢を東海道池鯉鮒宿(知立宿)にストレートに送り込めるというのもあるでしょう。

池鯉鮒宿から見ると

東海道池鯉鮒宿から刈谷道が伸びているのですが、その起点にある信号交差点が刈谷道という名前なのです。そのまま真っすぐ行くと刈谷城に行けます。

刈谷城側

池鯉鮒宿からまっすぐ進むと、刈谷城の町口門に到着します。この町口門から西が刈谷城内で、反対側の東側が東海道池鯉鮒宿へ向かう刈谷道。

現在では県道になっている刈谷道ですが、ほぼ旧街道のラインが残っており、今でも歩くことができます。

距離は約4.2kmで私が実際にゆっくりめで歩いてみた所要時間は約1時間くらいでした。準備や戻る時間も含めて半日もかからないくらいで、旧街道・刈谷道ウォーキングを楽しめましたよ。

私の感想ですが、街道歩きが好きな方や城と街道の結びつきに興味がある人には、おすすめの街道ウォークだと思います。

愛知県の城跡や戦国史跡を訪れる社会人サークル・【愛知ウォーキング城巡り倶楽部】。活動は毎月第一土曜、もしくは日曜日。現地集合、現地解散で行われる見学会です。城好き、戦国好きの方が在籍していますが、歴史に詳しいなどは関係なし!好きならそれでOKです。入会費や年会費などもないので、あなたも気軽に遊びに来てみませんか?

>>詳しくはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク