刈谷城主を騙した妖怪狐・恩田の初連ゆかりの刈谷市松雲院

刈谷城がある愛知県刈谷市に妖怪狐の伝説があります。それが恩田の初連(はつれん)という狐のお話。この初連ゆかりの地が、恩田町にある松雲院です。

■松雲院の場所の住所■

愛知県刈谷市恩田町3丁目151ー8

>>松雲院の場所の地図

ではどんな話なのか?今日はそれをチェックしてみましょう。

江戸時代の頃。刈谷城主が狩りに出かけた時、休憩するために松雲院に立ち寄りました。

城主が休憩中、家臣たちも休憩するために自由な時間を与えられていました。この時、ある家臣が小狐がいる穴を見つけました。

実はこの穴は、初連(はつれん)という、強い霊力をもった白狐が子供と二匹で住んでおり、初連が留守中に小狐が人間に見つかったのです。

家臣たちは白い小狐を、今度、城主に嫁入りする姫に献上しようと刈谷城に連れ帰ります。

戻った初連は大いに怒り、輿入れする姫一行に化け、刈谷城まで子どもを取り戻しに行きます。

これを知った刈谷城主は、怒るどころか家臣の非を認め、初連に侘びて、趣味の狩りも止めてしまいましたとさ。

以上が刈谷市に伝わる初連の伝説です。

この時の刈谷城主が誰なのか?また輿入れした姫はどんな人物だったのかという、時代公証的なことは分かりません。

しかしこの話により、恩田町の松雲院は霊力をもった妖怪狐・初連ゆかりの地となりました、

松雲院のある狐のお堂。寺なのですが、お稲荷さんの様に祀ってあります。

お堂の前には狛犬ではなく狐。険しい表情です。

松雲院の竹林。松雲院の近くはビルやマンションが建ち、新幹線も通っている近代的な風景ですが、松雲院は未だにうっそうとして、ホントに妖怪の狐が出そうな雰囲気です。

刈谷城主も関わる妖怪のオハナシ。城好きの方だけではなく、妖怪好きの方にもオススメのスポットだと思います。

愛知県の城跡や戦国史跡を訪れる社会人サークル・【愛知ウォーキング城巡り倶楽部】。活動は基本的に奇数月の第一土曜、もしくは日曜日。現地集合、現地解散で行われる見学会です。城好き、戦国好きの方が在籍していますが、歴史に詳しいなどは関係なし!好きならそれでOKです。入会費や年会費などもないので、あなたも気軽に遊びに来てみませんか?

>>詳しくはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク