日進市尾張岩崎城の御城印(御朱印)販売場所や値段、そして私の感想

 

毎日文化センターで城巡り講座を行います。それが【歩いて巡る愛知の古城・史跡】。現地集合、解散で歩いて城跡や戦国史跡を散策します。計7回シリーズですが、好きな回だけ参加する1DAY講座です。城好きの方々と愛知県内のディープな戦国史跡や城跡を一緒に巡りませんか?

>>詳細はこちら

愛知県日進市にある岩崎城には、御城印(ごじょういん)があります。

御城印とは、簡単に言うと城の御朱印で、城に訪れた時の記念証みたいなものです。

この記事では岩崎城の御城印の販売場所や定価、そして特徴をチェックしてみたいと思います。

販売場所と値段

岩崎城の御城印の販売場所は、天守ふもとにある岩崎城歴史記念館(資料館)の中です。

事務室みたいな受け付けがあるので、そこで御城印を購入したい旨を伝えると対応してくれます。

御城印の価格は300円です。

デザインをチェック!

岩崎城の御城印のデザインの詳細をチェックしてみます。まずは中央バックにあるのは、岩崎丹羽氏の家紋・丹羽扇(にわおおぎ)です。

資料館の入り口など、岩崎城のいろんなところで、この丹羽扇を見ることができます。

右下を見ると、鳥みたいなキャラクターがいます。これは岩崎城マスコットキャラクター・にわさきくんです。

岩崎城の御城印は書置きタイプで、御朱印帳に記帳するタイプではありません。

そして日付の部分も記載なし。

左下にあるのは、岩崎城歴史記念館印。ここで販売しているよ!ということですね。

私の感想

私の岩崎城の御城印の感想ですが、この御城印も個性的で、岩崎城を訪れた時の記念になると思いました。

あと個人的に岩崎城は見どころがいくつもあると思いますので、御朱印だけではなく、城内の散策もオススメです。

例えば堀、土塁は当時のものが残っていますし、天守は模擬天守ですが、最上階は展望台になっており、周辺を見渡すこともできます。

記念館(資料館)を含め、ゆっくり周っても所要時間は約1時間くらいです。

愛知県の城跡や戦国史跡を訪れる社会人サークル・【愛知ウォーキング城巡り倶楽部】。活動は基本的に奇数月の第一土曜、もしくは日曜日。現地集合、現地解散で行われる見学会です。城好き、戦国好きの方が在籍していますが、歴史に詳しいなどは関係なし!好きならそれでOKです。入会費や年会費などもないので、あなたも気軽に遊びに来てみませんか?

>>詳しくはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク