織田信長と弟の信行が合戦!名古屋市西区の稲生の戦いと名塚砦跡

戦国時代の弘治二年(1556)に尾張で起った稲生(いのう)の戦いは、織田信長と弟・信行(信勝)の合戦で、この時、信長方によって築かれたのが名塚砦(なつかとりで)です。

なぜ兄弟で戦う必要があったのか?そして意外な結末とは?

この記事では、そんな稲生の戦いと家督を継いで間もない頃の尾張時代の信長のエピソードをチェックしてみましょう!

■稲生原古戦場の住所■

名古屋市西区名塚町1丁目124

稲生原古戦場の地図

■名塚砦の住所

名古屋市西区名塚町4丁目

名塚砦の地図

『うつけ』を認めない家臣団

織田信秀が流行病で亡くなり、信長が織田家の家督を継いだのは天文二十年(1551)ですが、当時、信長は素行が悪く、『うつけ(愚か者の意味)』と呼ばれ、家臣団の信頼を得ていませんでした。

そんな中、信長に織田家は任せられないと、家老の林秀貞(通勝)と弟の林美作守、そして柴田勝家らが話し合い、信長の弟・信行を織田家当主にしようという動きがありました。

この3人の動きはウワサとなり、信長の耳にも届きます。

ある日、信長は弟・信時と2人で林秀貞のところへ向かいます。秀貞の弟・林美作守は、『絶好の機会なので、信長を暗殺しましょう!』と秀貞に提案しました。

しかし秀貞は、『三代にわたり御恩を受けた主君を恥知らずにもここで手掛けて暗殺するとは天罰が恐ろしい。どうせそのうち御迷惑なことをしでかすのだから、今は切腹させないでおこう』といって、信長の命を助け帰しました。

とりあえずこの時は信長を暗殺しなかった林秀貞でしたが、その後、信長に対して敵対の旗を鮮明にします。

この時、秀貞に味方したのが、荒子城(名古屋市中川区)の前田氏。

そして米野城の中川弥兵衛と大秋城の大秋十郎左衛門(共に名古屋市中村区)も秀貞に味方して、街道を遮断するなど、信長に敵対します。

さらに信行は信長の直轄領だった篠木三郷(しのきさんごう:春日井市)を奪い取るなど、敵対心をあらわにします。

当然、信長は反発!

信長には森可成、佐久間盛重、佐久間信盛らが味方し、これ以上信行の侵攻を広げないために於多井川(現在の庄内川)付近の名塚という場所に砦を築きます。これが名塚砦です。

これにより現在の名古屋市西区名塚町一帯で、稲生原で合戦が起こりました。

信長VS勝家

信長公記によると、信行方は柴田勝家と林美作守が兵1000人で出陣。対する信長方は約700人で迎え撃ちます。

かなりの乱戦だったらしく、柴田勝家は負傷し、林美作守は信長に討たれ、結果、信長方が勝利します。

戦後のオシオキ!

合戦後、信行方は那古野城、末盛城に籠城を余儀なくされ、信長は両城に攻め込み城近くまで城下町を焼き払うなどジリジリ攻めます。

これに対し信行方は対抗できませんでした。

この時、信長と信行の母である土田御前は、信行と共に末盛城に住んでおり、土田御前の使者として村井貞勝、島田秀満の2名を信長のもとに派遣し、信行の謝罪を伝えました。

また林秀貞についても、以前に信長の命を助けたことから許し、今までとおり織田家家老として信長に仕える事になりました。

名塚砦

そんな稲生原の戦いでしたが、現在でも信長方の拠点だった、名塚砦跡が残っています。

名古屋市西区名塚町4丁目にある白山神社がその跡で、現在では名古屋市教育委員会の案内看板も建っています。

稲生原古戦場

そして稲生原(いのうがはら)古戦場跡は、名塚砦の近く名古屋市西区名塚町1丁目124の庚申塚に案内看板が建っています。

信長公記に記載されている内容ですと、両軍合わせて約1700名が戦った合戦だったので、この庚申塚周辺の広い範囲が古戦場という事ですね。ここにも名古屋市教育委員会の案内看板が建っています。

そして公園内には、稲生原の戦いで亡くなった人達を供養する、お堂や供養塔も建てられています。

現在この場所は、名古屋の都心部にも近く、マンションやらビルが立ち並んでいますが、かつては於多井川(庄内川)近くの広い野原だったのでしょうね。

この合戦に勝利した信長は、尾張統一に向けて大きく前進します。

桶狭間合戦の4年前の出来事です。

私の感想

私の名塚砦、稲生原古戦場の感想ですが、ここも信長の尾張時代の史跡という事で、チェックしておきたい場所だと思います。

なぜかというと、後に全国区となる信長には見られない歴史が残っているからです。

・弟の信行との戦い

・柴田勝家が信長に敵対していた

・家老の林秀貞も信長に敵対していた

など。

信長は信包や有楽斎といった弟たちを比較的大事にしていますが、この信行だけは相性が悪かった様に思えますね。

または信長は仲良くしたかったのかもしれませんが、母や家臣団の反信長勢力により、信行と戦わざるをえず、決別してしまったのかもしれない。

そんな複雑な想いが、この稲生原合戦にあったのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク