加藤嘉明生誕地の愛知県西尾市上永良町に残る石碑

賤ヶ岳七本槍のひとりとして知られる加藤嘉明は、現在の愛知県西尾市上永良町の出身といわれています。

■上永良町神明社の住所■

西尾市上永良町宮東11

上永良町神明社の地図

(※加藤嘉明生誕地については、愛知県安城市説もあり)

嘉明は永禄六年(1563)三河国幡豆郡永良郷の生まれといわれ、父は松平元康に仕えた武士・加藤教明(岸三之丞教明)でした。

しかし嘉明が生まれた年の三河一向一揆で、父が一向一揆勢に組して元康に背く事に。後に一揆側は敗れて、嘉明は父と共に流浪の身となります。

その後、近江国(現在の滋賀県)で羽柴秀吉に仕え、最初は秀吉の養子・羽柴秀勝の小姓として仕えましたが、後に秀吉の直臣となり、播磨の三木城攻め、本能寺の変後の山崎の合戦、そして賤ヶ岳の戦いで武功をあげ、3千石の禄を与えられます。

そして小牧長久手合戦、四国攻め、九州征伐や小田原の陣、文禄・慶長の役でも活躍します。

秀吉亡き後の関ケ原合戦では東軍として参戦し、戦後、二十万石で伊予松山藩(いよまつやまはん:現在の愛媛県松山市)主となり、寛永四年(1627)には陸奥国会津藩四十三万五千五百石に加転封されます。

しかし嘉明の死後、御家騒動が起こり、庶子の明友が二万石で近江国水口藩(現在の滋賀県甲賀市)主となり、明治維新まで加藤氏が領することになりました。

嘉明の死後、加藤家は散々な事になっていますね(汗)

そういえば同じ賤ヶ岳七本槍の中に加藤清正がいますが、加藤嘉明とは別の加藤さんです。

そんな加藤嘉明の生誕地といわれる場所は、現在の愛知県西尾市上永良町で、神明社に石碑があります。

神明社の中にある、愛知県が建てた加藤嘉明生誕地の石碑。嘉明は上永良村の出身ということで寛永二年(1625)に神明社の本殿を再建したと伝えられています。

ちなみに嘉明の生誕地については、現在の愛知県西尾市上永良町(かつての三河国幡豆郡永良郷)といわれており、この神明社がある場所で生まれたという訳ではありません。

またこの石碑もかつては同じ上永良町の別の場所にあったそうです。

神明社の拝殿前には、推定樹齢約1000年といわれる、大シイの木があります。

国の天然記念物に指定され、高さ約8m、根囲約20m、胸高囲約7mもある県下最大のスダジイの老樹です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク