意外な逸話がテンコ盛り!初代刈谷藩主水野勝成物語

【制作・著作】刈谷市・刈谷市教育委員会

【定価】1,000円

【時間】21分

【一言でいうと】水野勝成の生涯を紹介したDVD

水野勝成(みずのかつなり)という武将をご存知ですか?

初代刈谷藩主になった人で、後に福山藩主(広島県福山市)になった人物です。

広島県ではどうか分かりませんが、愛知県刈谷市でもまだまだマイナーな武将という事であまり知られていませんが、エピソードを調べてみると、興味深いものがあります。

その生涯をザックリ21分で紹介したのがこのDVDですが、歴史ファンの人は意外な逸話に驚きつつも、たくさんのツッコミどころもちゃんと準備されています。

ごめん、刈谷生まれ違うかも

このDVDでは、初代刈谷藩主という事が最大源に強調されており、それがゆえに誤解しやすい内容にもなっています。

まず勝成の生誕地はよく分かっておらず、岡崎市、もしくは碧南市(鷲塚城)の可能性が指摘されており、刈谷生まれではないという事らしいのですが、大丈夫。

刈谷市教育委員会もDVDも、水野勝成は刈谷生まれの武将とは一言も言っておらず初代刈谷藩主になった人物という事を強調しています。

ちなみに物語は本能寺の変の前年である、天正九年(1581)、勝成が18歳になった頃から始まります。

意外な逸話

勝成の生涯を見てみると、意外な逸話がテンコ盛りです。ザックリあげてみると以下の通り

・父親の水野忠重は信長に引き抜かれ、勝成が刈谷城主になる

・兜なしで出陣し父に怒られる

・かつての明智光秀の官位・【日向守】を受ける

・槍が得意だったらしい

・『鬼日向』と呼ばれるくらい武勇に優れていたそうな

・天正十二年(1584)年の小牧長久手合戦で不祥事を起こし勘当される

・佐々成政、黒田孝高、小西行長、加藤清正、立花宗茂に仕官した経歴がある。

・その後各地を放浪、熊本城(隈本)の加藤清正のもとを訪れる

・関ヶ原合戦では大垣城攻め

・大阪の陣では宮本武蔵が参陣

・慶安四年(1561)88歳で亡くなる

あまり知られていない武将ですが、なかなか興味深いエピソードが残っていますよね。

実は水野勝成をNHK大河ドラマの主役に望む声がありますが、確かに大河ドラマになりそうなくらい、波乱万丈な人生です。

私の思ひ

実は私はこのDVDで初めて水野勝成に興味を持ちました。

信長の野望にも出てきている武将なのですが、能力値がイマイチですし、登場年が遅いためにあまり活躍の場がなく天下統一というパターンで終わってしまいますし。

でも水野勝成や水野氏のファンはもちろん、勝成ゆかりの市(刈谷市や福山市、大和郡山市)に住んでいる歴史好きの方にはおすすめのDVDです。

時間も21分と見飽きない程度に作られており丁度よい感じもしました。

ただ教育委員会が制作しているだけあって、学校の授業でも見る事ができそうな内容なのは宵のですが、音楽や絵、武将のセリフなど、全体的に昭和チックな出来栄えになっています。

あと最後はなぜか広島県福山市の観光PR動画みたいになっているのは謎ですがw

さて、このDVDは刈谷市役所3階文化観光課、刈谷市郷土資料館、刈谷駅前観光案内所などで購入できますが、現金書留もしくは郵便小為替で郵送でも販売してくれます。

興味がある人は是非、チェックしてみてください。

こちら⇒ 刈谷市公式サイト

またyoutubeにダイジェスト版が出ているので、まずはそちらをチェックですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク