桶狭間古戦場で亡くなった人が眠る愛知県豊明市の戦人塚

愛知県豊明市の戦人塚(仙人塚とも)は、永禄三年(1560)に起こった桶狭間の戦いで亡くなった人達を埋葬した塚です。

【戦人塚の住所】

豊明市前後町仙人塚

戦人塚の地図

桶狭間の戦いでは多くの戦死者が出ました。

資料によって戦死者数の違いはあるのですが、緑区桶狭間古戦場保存会の調査では、今川軍と織田軍合わせて約3500名の方が亡くなったそうです。

この戦人塚は、曹源寺二世・快翁龍喜(かいおう りゅうき)和尚が明窓に命じ、埋葬供養した塚なのです。(曹源寺は現在でも存在します)

>>曹源寺公式サイト

塚は登る事ができる様に階段が設置されています。早速登ってみると、塚の上にはいくつかの石碑と木が植えられていました。ここから参拝できます。

頂上に立つ戦人塚の石碑の周りには、供物が置いてありますね。現在でも地元の方々によって塚の維持・管理が行われている様です。

塚の大きさ

戦人塚を少し離れた場所から見てみると…かなり大きな塚という事がわかります。

また国道一号線から坂を登って戦人塚へ行くのですが、現地に着いてみると山の頂上かと思う場所に塚がある事がわかります。

私の感想

私の感想ですが、桶狭間合戦ゆかりの史跡を巡る場合、この戦人塚も訪れておくことをオススメします。なぜなら理由が3つあるからです。

1つ目の理由は国道一号線からアクセスがすぐという点。車だと5分も時間はかかりませんので、すぐに行くことができます。

2つめの理由は、桶狭間合戦の本などを読んでいますと、この戦人塚の記載は良く出てくるので、一度は現地を知っておいた方が実感できるからです。国指定史跡なのでよく紹介されているという理由もあるでしょうね。

そして3つ目ですが、豊明や緑区の古戦場からの距離感を知る事で、戦いが広範囲という事も実感できます。かなり広い範囲で戦いが繰り広げられていたという事です。

ちなみに桶狭間合戦の戦死者を埋葬した墓は、緑区にも七ツ塚というものがありますが、それとは別の墓が必要だったくらい、亡くなった人も多く、戦いも広範囲だったということなのでしょう。

あと私の経験ですが、車で訪れる際に注意したい点は道路が狭い事と、戦人塚専用駐車場が無い事に気を付けたいと思いました。

運転に注意し、周辺に迷惑がかからない場所に車を停めて参拝しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク