史跡巡り後にも使える観光パンフレット

歴史史跡を巡る時、観光パンフレットも活用しましょう。

なぜかというと、インターネットには出回っていない地域情報や史跡情報が記載してあるからです。

最近の観光パンフレットは、クオリティも上がっており、単に観光用ではなく、郷土資料としても活用できるものが多いです。

例えば観光パンフレットに地域の城の縄張り図が載っていたりするケースもあるので、観光パンフレットを活用しない手はありません。

今から10年以上前の話になりますが、私が愛知県の2,000を越える城跡を巡ろうと決めた時、まず何をしたのかというと、各市町村の役所に行き、観光パンフレットを集めました。

これらの観光パンフレットは今でも保存してありますが、ブログやサイトを作る時はもちろん、史跡散策会の資料を作成する時も重宝しています。

信長,秀吉,家康ガイドブック

また愛知県には、戦国ファンにとっては要注意の小冊子があります。

それが織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の各ガイドブックです。

別名・三英傑ガイドブックともいいます。

これは愛知県内の3人ゆかりの戦国史跡をまとめたガイドブックで、以前は県民プラザやイベント会場で配布していましたが、今では配布終了となりました。

しかしインターネットでダウンロ-ドできるので、もしあなたがまだ持っていなければ、ダウンロ-ドして入手することをオススメします。

またこのほか、愛知県では武将観光パンフレットや産業観光パンフレットもまとめてダウンロ-ドできるぺージを用意しています。

必要な観光パンフレットをチェックして、まとめてダウンロ-ドして下さい。

>>愛知県の観光パンフレットダウンロ-ドぺージ

感想

私の感想ですが、この観光パンフレットから情報を集める方法は、愛知県だけではなく、他県の史跡や城巡りでも十分活用できる方法だと思います。

その理由は、愛知県だけではなく、各都道府県、観光パンフレット政策にかなり力を入れているからです。

もしあなたが、どこかの城や歴史史跡に行こうと思った時は、その地元の市役所にパンフレットが無いか問い合わせてみる事をオススメします。

マイナーな史跡はともかく、たいていの場合、有名な史跡なら、観光パンフがあったり、関連する地図も作成しているので、現地の市役所、町役場や観光案内所で無料配布している事が多いので、これらも活用するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントの入力は終了しました。