名古屋城の御城印(御朱印)販売場所と値段そして私の感想

 

毎日文化センターで城巡り講座を行います。それが【歩いて巡る愛知の古城・史跡】。現地集合、解散で歩いて城跡や戦国史跡を散策します。計7回シリーズですが、好きな回だけ参加する1DAY講座です。城好きの方々と愛知県内のディープな戦国史跡や城跡を一緒に巡りませんか?

>>詳細はこちら

名古屋城では御城印が販売されています。

御城印(ごじょういん)とは、分かりやすく言うと、城の御朱印。

その城を訪れたという、記念証みたいなものです。

神社や寺の御朱印のは御朱印帳に記帳、つまり書き込んで頂けるものなのですが、名古屋城の御城印は書置きタイプになっています。

定価は300円(税込み)です。

その名古屋城の御城印の販売場所は2カ所あるので、事前にチェックしておきましょう。

正門近くの売店

まずは正門を入り、すぐ隣にある売店。レストランと併設になっているショップです。

ここではお土産を販売していますが、その中に名古屋城の御城印も販売されています。もし見当たらなければ、スタッフに聞いてみましょう。

天守近くの売店

もうひとつは大天守近くの売店です。ここもお土産を販売していますが、その中に名古屋城の御城印も販売されています。

ここは正面に本丸御殿があったり、名古屋おもてなし武将隊がよく通るので、観光客で賑わっています。

私の感想

私の名古屋城の御城印の感想ですが、私は何度も名古屋城を訪れていますが、やはり記念証みたいなものがあるとつい、集めたくなると思いました。

また地方の城でもいろんなところで御城印が販売されているので、旅の記念というか思い出の一品として集めいてる方も多いみたいです。

あと名古屋城の御城印の注意点ですが、日本100名城スタンプ設置場所とは違う売店で販売されています。

100名城スタンプ巡りをやっている方は、スタンプとは別にこの御城印をチェックしなければいけないので、つい忘れがちになると思います。

そう考えてみると、名古屋城に来た時には、城内をジックリ巡る前に御城印と100名城スタンプをチェックして、それから史跡を楽しむのがよいでしょう。

愛知県の城跡や戦国史跡を訪れる社会人サークル・【愛知ウォーキング城巡り倶楽部】。活動は基本的に奇数月の第一土曜、もしくは日曜日。現地集合、現地解散で行われる見学会です。城好き、戦国好きの方が在籍していますが、歴史に詳しいなどは関係なし!好きならそれでOKです。入会費や年会費などもないので、あなたも気軽に遊びに来てみませんか?

>>詳しくはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク