長束正家の生誕地は尾張?!愛知県稲沢市にある長束正家邸址

 愛知県稲沢市にある長束正家邸址は、豊臣五奉行のひとりだった長束正家が生まれたといわれる場所、つまり生誕地とされている場所です。

■長束正家邸址の場所の住所■

稲沢市長束町沙弥

長束正家邸址の場所の地図

 長束正家は近江国(現在の滋賀県)出身ともいわれていますが、彼が生まれた場所については諸説がありハッキリしていないんです。

 また【長束】という苗字も後のものであるといわれ、もともとは【大蔵】【水口】という姓だったといわれています。

 生誕地など正家の前半生は不明な点が多いのですが、ハッキリしてくるのは武将としてではなく、文官として、算術の能力が極めて高かったという事です。

 天正十八年(1590)秀吉による小田原攻めでは兵糧奉行として兵糧の輸送で活躍し、約20万といわれている兵の兵糧を管理しました。後に文禄・慶長の役でも肥前名護屋に在陣し、兵糧奉行も務めました。

 映画・のぼうの城では、石田三成と共に前線で戦っているイメージ強く表現された人物ですが、実際は後方支援で活躍した武将だったのですね。

 そんな長束正家邸には現在、愛知県の石碑が建っていますが、屋敷跡の遺構などは残っておらず、周辺は住宅地と畑地が広がっています。

 しかし興味深いのはその立地です。

 地図で見ると分かりやすいのですが、長束正家邸址がある場所は、旧街道の美濃路を押さえている場所なのです。

長束正家邸址の場所の地図

 これがいったい何なのか?というと、長束正家邸址は愛知県では【城跡】として研究されており、街道を押さえた城という事が分かります。

 つまり立地は城そのものなのですね。

 屋敷の古地図や詳細などは残っていないので、かつてはどんなものだったのか?今ではよく分かりませんが、ここも貴重な戦国史跡としてチェックしておきたいですね!

 ちなみに地元には奉賛会があり、夏祭りも行われている様です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク